【ついに戸籍を公開⁉︎】民進党 蓮舫代表「二重国籍」問題の行方はどうなる?

【ついに戸籍を公開⁉︎】民進党 蓮舫代表「二重国籍」問題の行方はどうなる?

 

スポンサーリンク

皆さんこんにちは。

一時は割と下火になっていた
民進党蓮舫代表のいわゆる
『二重国籍』問題。

ここ数日になって
新たな進展がありました。

二重国籍問題で追及の矢面に
立たされている蓮舫氏。

国籍選択の選択日が記載されている
戸籍謄本を公開するのか?

と注目を集めた蓮舫氏ですが、
あっさりと方向が変わってしまった様です。

7月13日の定例会見で蓮舫氏は、
18日に記者会見で今回の
「二重国籍」問題について
説明すると話しました。

党幹部の発言として、
蓮舫氏は戸籍謄本を公開すると
報道されていましたが

「戸籍謄本そのものを(公開する)
という風には言っていない。」

と発言しました。

また、これについて蓮舫氏は会見で

「特に我が国において戸籍は
個人のプライバシーに属するものであり、
積極的にあるいは
排外主義・差別主義者の方達に
言われて公開することは
あってはならないと
今なお思っています。
前例にしてはいけないとも
思っています。」

などと話していました。

しかし本人は

「野党第一党の党首として、
今特に安倍首相に強く説明責任を
求めている立場からして
極めてレアなケース」

とした上で、
戸籍謄本自体ではなく

「すでに台湾の籍を有していないことが
分かる部分をお伝えするのは準備がある。」

と話しました。

彼女は説明が二転三転どころか、
何点しているのか。

自民党の小野田紀美議員
(アメリカ人の父をもつ
ハーフの議員の方で、
かつて米国との二重国籍疑惑が
報じられた事から自身が
米国籍を喪失している事を
示す戸籍を公開。)
の様に個人情報などは隠し、
国籍選択日のみを公開すれば
国民は納得するのでは
ないでしょうか。

本人は国籍選択を
既にしてあると
発表していましたが、
ここまで頑なに公開を
拒否する様では、
逆に国民としては
疑いの目を向けざるを
得ないでしょう。

それに仮に国籍選択を
既にしてあったとしても、
もはやそんな事はどうでも
良いのであり、
本当に重要な部分は
国籍選択を『いつしたのか』
という部分なのであります。

また、
蓮舫氏は差別主義者がどうとか、
排外主義者がどうとかと言うことを
話していましたが、
実情を見れば蓮舫氏が
かつて(あるいは現在も?)
台湾籍を有していたから
批判をされているのではありません。

説明を二転三転させ、
嘘をつき続けてきたからこそ、
糾弾されているのです。

野党第一党の党首として、
それ以前に1人の国会議員として
説明責任を果たすのは
当然のことではないのでしょうか。

また、戸籍を公開することにいて、
「前例にしてはいけない」と
話していますがこれは全く逆で、
この様に嫌疑をかけられた議員が
問題をあやふやにして煙に巻く
という事自体

「前例にしてはいけない」

のではないでしょうか。

それでは。