儲けを5万円以下に規制強化でどうなるパチンコ業界!?

儲けを5万円以下に規制強化でどうなるパチンコ業界!?

 

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

今日は警視庁が新たにパチンコの標準的なプレイ時間である、
4時間のうちに客が得られるもうけの上限について、
現在の十数万円から5万円まで引き下げるとする
出玉規制強化を実施する方針を固めたことについて
話したいと思います。

今回の騒動の発端となったのは2017年7月11日
警視庁がパチンコの出玉による客のもうけを
制限するなどの内容が含まれた
風俗営業法の改正案を発表したことによります。

ギャンブル依存症の対策を進めるというのを名目に、
以前まで客の平均的なプレイ時間である4時間のうち、
十数万円のもうけが認められていたものを、
半分以下の5万円までと制限されるというものです。

現在は1時間のプレイで3倍の出玉、
10時間で2倍とされていますが、
新規制案では、1時間で2.2倍、
そして新設される平均的なプレイ時間の4時間では1.5倍、
そして10時間では
3分の4倍(約1.3倍)までと規制されたのです。

これにはネット上では

「出なかったらやめる様な人は
そもそも依存症にならないし、
負けを取り戻すまで続けようとする
依存症の人には逆効果なのでは?」

「出玉規制より換金規制を
強化すべきなんじゃないの?」

「業界潰しの一手として評価する。
パチンコは日本に不要。」

などと賛否両論な様です。

以上、最近話題のパチンコの出玉規制について
お話ししました。

あなたは今回の出玉規制についてどう考えますか?

それでは。